タグ:タカラガイ ( 4 ) タグの人気記事

 

ホシキヌタ

先日、城ヶ島でやっと完体「ホシキヌタ」を拾えました。
今まで欠けたものや、摩耗したものばかりでした。
しかもサイズも6.4㎝あり、なかなか♪
嬉しかったなぁ。
e0148907_23242622.jpg

[PR]

by kuromedakawa184 | 2009-02-26 23:25 | 貝殻  

ハナマルユキ

先日、次男がハナマルユキを拾った。
打ちあがったばかりの所ではなく少し時間が経った所で、しかも砂に埋もれる感じでした。
よく見ると、身が入っており、かすかに生きている。
過去に生きたタカラガイを拾った時には、海に帰してあげていたのですが、
最近、図鑑で生きたタカラガイを見ていた息子は「飼ってみたい!」と言い出した。
うん、確かに私も見たことがないので、見てみたい。
幸い、我が家には海水魚を飼っている水槽がある。(クマノミ・ナンヨウハギ・デバスズメ・ヤドカリ・ケヤリムシ・貝数種類がいる)
…と言うわけで、「生体観察」を目的として持ち帰ることにした。
早速帰って水槽に入れてあげると、クチュクチュっと縮こまっていた身がグニュグニュ動き出した。歩き出し、殻をすっかり覆ってしまった。
「あぁ~こうやって殻を守ってツルピカちゃんが保たれるのね~」と納得。
きれいな殻に対して、生きている姿って結構グロテスクかと思ったけど、
見ているとなかなか可愛い♪
ハナマルユキは雑食性のようなので、水槽についている苔や、岩に付いている藻や微生物を食べるようだ。確かにムシャムシャと食べ、とっても元気に見える。
自然環境ではないので、長生き出来るかは定かではありませんが、
あのまま海岸にいたら間違いなくお亡くなりになっていただろう。
だから、しばらく我が家で「飼貝」として生活してみてね。
しっかりと子供たちの学習に役立っていますので…。
…といいわけがましいが、一番観察を楽しんでいるのは私かも…(笑)
e0148907_14225318.jpg

[PR]

by kuromedakawa184 | 2009-02-02 14:35 | 生き物  

タカラガイ

三浦半島の海岸で拾ったタカラガイたち。
去年の夏からビーチコーミングを始め、初めての冬。
タカラガイに会えるのを楽しみにしていました♪
それまでは、ほとんど「チャイロキヌタ」「メダカラ」「オミナエシダカラ」の摩耗したものばかりだったのですが、やっぱり冬なんですねー。
バラエティも豊富になり、摩耗した物でなくツルピカさんに出会えるなんて♪
しかし、あいかわらず判別が頼りない…。
一番上 左からオミナエシ、ハツユキ、メダカラ
真ん中 左からハナビラ、サメダカラ、シボリダカラ、ハナマルユキ、コモンダカラ、チャイロキヌタ
一番下 左からキイロダカラ、クロダカラ
(誤りがあれば、ご指摘下さい!)
e0148907_21522684.jpg

[PR]

by kuromedakawa184 | 2009-01-26 22:00 | 貝殻  

ヤクシマダカラ?

e0148907_03015.jpg

これは「ヤクシマダカラ」で良いのかなぁ~?
次男が沖縄のおみやげにクラスの女の子からもらって来た。
大きさは5㎝です。ずっしりとしていてツヤツヤ♪次男、超ご機嫌~♪
ブックオフで500円で見つけた貝の図鑑で見ると「ヤクシマダカラ」と。
屋久島の特産ではないと記載してある。
自らのビーチコーミングではハナマルユキダカラ、チャイロキヌタがほとんどなので(しかも状態あまり良くなく小さい)、この存在感は何とも言えず魅力的。
この後、次男は「いいなぁ~沖縄!」の連発。残念ながら私もまだ行ったことがない。
うぅ~ん、確かに行きたいよね~。旅行貯金、コツコツとして実現するぞぉ~!
[PR]

by kuromedakawa184 | 2008-11-05 00:04 | 貝殻