ガラルファ

e0148907_10161786.jpg
先日、新江ノ島水族館でうわさの「ガラルファ」による、フィッシュフィーリングと言うのを体験して来た。
…と言っても私ではなく、息子たちですが。
土曜日限定のサービスだったのですが、ガラルファと言う魚が数十匹入っている水槽に
手を入れて、肌の角質を食べてもらうと言うもの。
手を入れると、とたんに魚たちが寄ってきて、手をツンツンと突いて来る。
感触としては、くすぐったり感じらしい。
このガラルファとは西アジアに生息するコイ科ガラ属の淡水魚だそうです。
最高42℃程度の高温でも生存出来、人間の皮膚を食べるという非常に珍しい習性があることから、『Dr.Fish(魚のお医者さん)』としても知られています。
この魚は、何百年もの昔からトルコ中央部のカンガルという地域の温泉に生息し、人々から親しまれて来たようです。あの絶世の美女クレオパトラからも寵愛されたとも言われる神秘の魚です。
熱帯魚の先進国、ドイツでは、ガラ・ルファによる治療が保険適用の医療行為として認められているとか。
体験したあと、息子が「手がツルツルになったよ~」と。見て見ると確かにスベスベして手触りも良い。
不思議だなぁ~、この魚の入った水槽に顔をつけたら、お肌スベスベになれるかしら?なんて思ってしまった。
調べてみると、一般でも飼える魚らしく、一匹1000円前後で販売されている。
それを数十匹飼うとなると、それなりのお値段になるわね…。
やはり、同じことを考える人がいる。いるどころか、これはかなりの事業として需要があるようです。
足浴器とセットで売られていたり、エステ業界が使っていたりするらしい。
う~ん、すごいな。ビックリです!
コイ科の魚なので、ちょっと地味。もう少し派手で見た目にもキレイなお魚だったら良いのにな♪
まずは自ら体験しなくちゃ!皆さんもいかがですかね?
[PR]

by kuromedakawa184 | 2009-02-27 10:18 | 生き物  

<< アカヒトデ ホシキヌタ >>