きっかけ

1年前の夏、平塚港へ家族で釣りに出かけた。
なかなか釣れなくて、飽きかけていた息子たちと私は海岸の方を散歩した。
その少し前に「浜辺のコレクション」と言う本を図書館で借りて見ていた私たちは
「ビーチコーミング」と言う言葉を覚えたてホヤホヤでした。
こういう海岸で貝殻を拾ったり、珍しいものを拾ったりするんだね~なんて話しながら歩いていたんです。
平塚の海岸はあまり貝殻も無く、ポツリポツリ…。そんな中で長男が妙なものを拾った。
それも、ちょっと興奮気味。「見て見て~お母さん!エビの化石を拾ったよー!」と。
「えぇ~?????」と見てみると、確かに何となくエビっぽい形をした石のかたまりの様なものだった。
「何コレ~?」と不思議には思ったけど、化石じゃないよなぁ…でも何だろう?とすごく興味が湧いてきた。
そのころ、長男は化石に興味を持っていたので「化石発見」を夢見ていた。
とにかくお持ち帰りし、早速帰ってネットで調べてみた。するとすぐに「鎌倉エビ」であることが分かった。
私自身、鎌倉エビと言うものの存在は知りませんでした。昔はどんど焼きで使うために作られていたもの、いろんなタイプのものがあること、今は使われていないことなどを知り、何だかその時嬉しい気分になったのを今でも覚えている。拾ったことも嬉しかったけど、謎が解明出来たことも楽しかった。
これが私のビーチコーミングの始まりだったのです。
ビーチコーミング歴、たったの1年。ずいぶん、いろんなことを知ることが出来たなぁ…と思う。
まだまだ奥の深~いビーチコーミングだけど、素敵な趣味に出会えたこと、海に感謝です!!
e0148907_21392515.jpg

↑今まで拾った鎌倉エビ。一番左が初めて拾ったもの。
[PR]

by kuromedakawa184 | 2009-06-21 21:42 | その他  

<< これもカタ屋さんのカタ? カエルウオのお家 >>